info@marketresearchfuture.com   📞  +1 (855) 661-4441(US)   📞  +44 1720 412 167(UK)
Certified Global Research Member
Isomar fd.webp Wcrc 57.webp
Key Questions Answered
  • Global Market Outlook
  • In-depth analysis of global and regional trends
  • Analyze and identify the major players in the market, their market share, key developments, etc.
  • To understand the capability of the major players based on products offered, financials, and strategies.
  • Identify disrupting products, companies, and trends.
  • To identify opportunities in the market.
  • Analyze the key challenges in the market.
  • Analyze the regional penetration of players, products, and services in the market.
  • Comparison of major players financial performance.
  • Evaluate strategies adopted by major players.
  • Recommendations
Why Choose Market Research Future?
  • Vigorous research methodologies for specific market.
  • Knowledge partners across the globe
  • Large network of partner consultants.
  • Ever-increasing/ Escalating data base with quarterly monitoring of various markets
  • Trusted by fortune 500 companies/startups/ universities/organizations
  • Large database of 5000+ markets reports.
  • Effective and prompt pre- and post-sales support.

通信市場調査レポートのグローバルAI、コンポーネント(ソリューション、サービス)、展開(オンプレミス、クラウド)、テクノロジー(ML&DL、NLP)、アプリケーション(トラフィック分類、予知保全、異常検出)— 2027年までの予測


ID: MRFR/ICT/5339-HCR | 100 Pages | Author: Aarti Dhapte| July 2024

電気通信市場における AI のあらすじ


人工知能は、とりわけヘルスケア、金融、自動車、電気通信などのさまざまな業界で広く使用されています。AIテクノロジーには、生産性と運用効率を高めることで産業プロセスに革命を起こす力があり、産業プロセスを自動化することで費用と時間を節約し、企業の意思決定を迅速化するのに役立ちます。電気通信業界では、無線通信は業界とそのユーザーに大きな影響を与えますが、複雑な発明です。ワイヤレスシステムの複雑な性質を解決するために、電気通信業界でのAIの使用を組み込んでいます。電気通信におけるAIは、動的なネットワークトラフィックとリソースを管理するためのインテリジェントな意思決定につながり、業界に自動化をもたらし、コストを削減し、効率を高めます。電気通信におけるAIの成長の主な推進力は、自律駆動型ネットワークソリューションに対する需要の高まりです。電気通信のネットワークは本質的に複雑になり、規模が拡大しており、このような大規模で複雑なネットワークを管理する人間の能力を上回っています。したがって、電気通信の人工知能を使用して提供できる、高度に洗練された、インテリジェントで自律的なネットワーク駆動型ソリューションが必要です。これらの自律的でインテリジェントなネットワークソリューションを使用することにより、通信会社はサービスの速度とネットワークの品質を向上させ、運用コストを削減して顧客体験を向上させています。今日の世界では、顧客はFacebook、Twitter、ブログなどのさまざまなソーシャルメディアプラットフォームを使用してオンラインでやり取りし、サービスプロバイダーに関する経験や問題についてオンラインで話します。したがって、サービスプロバイダーは、魅力的なサービスを提供し、顧客維持率を向上させるために、このような大量のデータを収集して分析するための戦略とツールを備えている必要があります。通信サービスプロバイダーのその他のデータソースは、ユーザーコールレポートとネットワークデータです。このデータは、ネットワークパフォーマンスの洞察を得るのに役立ち、顧客の解約を減らし、収益性を高めるのに役立ちます。そのため、電気通信市場におけるAIの成長を促進するデータ駆動型ソリューションの必要性が高まっています。


電気通信市場におけるグローバルAIは、2023年までに10億米ドルに達し、2018年から2023年の予測期間中にCAGRが32%増加すると予想されています。


セグメンテーション


電気通信市場調査におけるグローバルAIは、コンポーネント、展開モード、テクノロジー、アプリケーション、地域などのさまざまなセグメントを対象とし、これらのセグメント全体の市場成長を推定します。コンポーネントによって、市場はソリューションとサービスに分割されます。このソリューションは、ネットワーク最適化、ネットワークセキュリティ、SDN(ソフトウェア定義ネットワーク)、NFV(ネットワーク機能仮想化)などにさらに細分化されています。これらのサービスはさらに、プロフェッショナルサービスとマネージドサービスに細分化されています。展開モードによって、市場はクラウドとオンプレミスに分割されます。テクノロジーによって、市場は機械学習(ML)とディープラーニング(DL)と自然言語処理(NLP)に分割されます。アプリケーションごとに、市場はトラフィック分類、リソース使用率とネットワーク最適化、異常検出、予知保全、ネットワークオーケストレーションなどに分割されます。地域別に、市場は北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、およびその他の世界に分割されています。

地域分析


電気通信におけるAIの世界市場は、2018年から2023年までの予測期間中に大幅な速度で成長すると推定されています。通信市場におけるAIの地理的分析は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、およびその他の地域で研究されています。北米は、通信業界にAI対応ソリューションを提供するIBMコーポレーション、マイクロソフトコーポレーション、シスコシステムズなど、多数の主要企業が存在するため、電気通信におけるAIの世界市場を支配すると予想されています。アジア太平洋地域は、電気通信におけるAI駆動型ソリューションの使用を可能にするこの地域のさまざまな国でのデジタルトランスフォーメーションにより、電気通信市場におけるグローバルAIの予測期間で最も急速に成長している地域になると予想されます。

キープレイヤー


世界の著名なプレーヤー 電気通信市場向けのAIは、ファーウェイテクノロジーズ株式会社です。株式会社(中国)、IBMコーポレーション(米国)、マイクロソフトコーポレーション(米国)、インテルコーポレーション(米国)、シスコシステムズ(米国)、ニュアンスコミュニケーション(米国)、ZTEコーポレーション(中国)、H2O.ai(米国)、セールスフォース(米国)、Infosys Limited(インド)、Google LLC(米国)。

対象読者



  • 通信ソリューションとサービスベンダーのAi

  • アプリケーション開発者

  • システムインテグレーター

  • 政府機関

  • アプリケーションエンドユーザー

Report Attribute/Metric Details
Market Size 2023 USD 1.21 Billion
Market Size 2024 USD 1.54759 Billion
Market Size 2032 USD 15.78 Billion
Compound Annual Growth Rate (CAGR) 33.68% (2024-2032)
Base Year 2023
Market Forecast Period 2024-2032
Historical Data 2019 - 2021
Market Forecast Units Value (USD Billion)
Report Coverage Revenue Forecast, Market Competitive Landscape, Growth Factors, and Trends
Segments Covered Component, Deployment, Technology, Application, and Region
Geographies Covered North America, Europe, Asia Pacific, and the Rest of the World
Countries Covered The U.S, Canada, Germany, France, UK, Italy, Spain, China, Japan, India, Australia, South Korea, and Brazil
Key Companies Profiled Huawei Technologies Co. Ltd (China), IBM Corporation (US), Microsoft Corporation (US), Intel Corporation (US), Cisco Systems (US), Nuance Communication (US), ZTE Corporation (China), H2O.ai (US), Salesforce (US), Infosys Limited (India), Google LLC (US).
Key Market Opportunities Utilization of AI-Enabled Smartphones.
Key Market Dynamics Increasing adoption of AI for various applications in the telecommunication Industry. AI can be the key to self-driving telecommunication networks.


Frequently Asked Questions (FAQ) :

The AI in Telecommunication Market size was valued at USD 1.21 Billion in 2023.

The global market is projected to grow at a CAGR of 33.68% from 2024-2032.

North America had the largest share of the global market.

The key players in the market are Huawei Technologies Co. Ltd (China), IBM Corporation (US), Microsoft Corporation (US), and Intel Corporation (US)

The services category dominated the market in 2022.

On-premises had the largest share of the global market.

Leading companies partner with us for data-driven Insights
client_1 client_2 client_3 client_4 client_5 client_6 client_7 client_8 client_9 client_10
Kindly complete the form below to receive a free sample of this Report
Please fill in Business Email for Quick Response

We do not share your information with anyone. However, we may send you emails based on your report interest from time to time. You may contact us at any time to opt-out.

Purchase Option
Single User $ 4,950
Multiuser License $ 5,950
Enterprise User $ 7,250
Compare Licenses
Tailored for You
  • Dedicated Research on any specifics segment or region.
  • Focused Research on specific players in the market.
  • Custom Report based only on your requirements.
  • Flexibility to add or subtract any chapter in the study.
  • Historic data from 2014 and forecasts outlook till 2040.
  • Flexibility of providing data/insights in formats (PDF, PPT, Excel).
  • Provide cross segmentation in applicable scenario/markets.