info@marketresearchfuture.com   📞  +1 (855) 661-4441(US)   📞  +44 1720 412 167(UK)
Certified Global Research Member
Isomar fd.webp Wcrc 57.webp
Key Questions Answered
  • Global Market Outlook
  • In-depth analysis of global and regional trends
  • Analyze and identify the major players in the market, their market share, key developments, etc.
  • To understand the capability of the major players based on products offered, financials, and strategies.
  • Identify disrupting products, companies, and trends.
  • To identify opportunities in the market.
  • Analyze the key challenges in the market.
  • Analyze the regional penetration of players, products, and services in the market.
  • Comparison of major players financial performance.
  • Evaluate strategies adopted by major players.
  • Recommendations
Why Choose Market Research Future?
  • Vigorous research methodologies for specific market.
  • Knowledge partners across the globe
  • Large network of partner consultants.
  • Ever-increasing/ Escalating data base with quarterly monitoring of various markets
  • Trusted by fortune 500 companies/startups/ universities/organizations
  • Large database of 5000+ markets reports.
  • Effective and prompt pre- and post-sales support.

近距離無線通信市場調査レポート、タイプ(非補助および補助)、デバイス(スマートフォン、タブレット、ラップトップ、コンピューター)、エンドユーザー(クラウドサービス、テレコムサービス、エンタープライズ)、アプリケーション(NFCベースの支払い、発券)—2027年までの予測


ID: MRFR/SEM/1061-HCR | 102 Pages | Author: Aarti Dhapte| June 2024

近距離無線通信市場の概要:


世界の近距離無線通信市場は、2020年から2027年の間に300億米ドルの価値で、17%のCAGRで上昇すると予想されています。


近距離無線通信市場は、スマートフォンの数が年々徐々に増加し、在宅医療と機器のリモート患者監視の成長の高まり。しかし、非接触型決済と認証の受け入れの増加は、市場の発展をさらに推進しています。基礎となる技術に関する知識がほとんどないため、近距離無線通信のエンドユーザーはその技術を使用できます。接触は、2つのデバイス、またはデバイスとタグを物理的にまとめるだけで自動的に開始されます。したがって、近距離無線通信は、モバイル決済やチケットのシナリオに適しています。


近距離無線通信によって提供されるピアツーピアモードは、人と人との間のシームレスな送金にのみ使用できるわけではありません。しかし、他の形式のデータを交換するためにも。Android OS には、Android Beam と呼ばれる機能があります。Android開発者は、このオプションを実装して、適切な2つの電話を一緒に保持するだけで、ビデオ、写真、Webサイト、またはその他のデータを転送できます。ただし、近距離無線通信の利点の1つは、このテクノロジーが既存のRFIDインフラストラクチャ、非接触型スマートカード、およびRFIDタグと互換性があることです。


COVID19 分析


コロナウイルスは、ほとんどすべての業界に影響を与えてきた前例のない世界的な一般的な幸福の危機です。そのため、引き出された影響は、推測期間中に事業開発に影響を与えると予測されています。進行中の研究は探査構造を強化し、根底にあるCOVID-19の問題と今後の可能な方法の取り込みを保証します。


このレポートは、顧客の行動と要求の調整、デザインの購入、在庫ネットワークのリダイレクト、現在の市場の影響の要素、および重要な仲介について考える、COVID-19に関する知識を少し伝えています。政府の。更新された試験は、利用可能なCOVID-19の影響を考慮して、知識、調査、評価、および図を提供します。


マーケットダイナミクス



  • ドライバー


モバイルビジネスは、最近10年間で目覚ましい発展を遂げた、急速に拡大しているテクノロジーゾーンです。最近、携帯電話のクライアントは、NFCの革新を使用して分割払いを行っています。また、NFCがPoSフレームワークを強化するなどのアイテムでは、ポータブルは情報を移動する重要な方法になります。さまざまな金融機関が、買い物客が取引を行うことを可能にするアプリケーションを作成するために、多目的なアプリケーション設計者とチームを組んでいます。



  • 機会


業界全体の世界的な近距離無線通信(NFC)の市場シェアは、後からではなく成長する必要があります。NFC市場の発展を牽引している変数は、ブラスト携帯電話や華麗なカメラ市場でのNFCの送信の拡大、非接触分割払いの増加、クライアントエクスペリエンスの向上、近距離無線通信(NFC)の市場規模と半導体チップのコストの減少です。



  • チャレンジ


そして再び、ネの開発を支配している要因arフィールドコミュニケーションマーケティング。これらは、携帯電話、PC、タブレットなどのガジェットのハッキング、短期間の対応、選択的分割払い戦略からのNFCとの強固なライバル、高い進歩コスト、および買い物客のマインドフルネスの欠如によるセキュリティの懸念です。NFCイノベーションの期待される利点。



  • 拘束


NFCは、短距離の情報移動のためだけに合理的です。情報がNFCの革新を進めるためには、伝達するガジェットが近接しているか、通信が行われるようにそれらの間の距離が4cm以下である必要があります。これは、NFCイノベーションの重大な欠点です。



  • 累積成長率


近距離無線通信の市場シェアは、2020年ごとに180億米ドルから、2023年から2025年までに349億米ドルに成長し、CAGR 14.2%で上昇することに依存しています。NFC成長統計の開発を推進する主な考慮事項は、ポータブルビジネスの拡大パターンとウェアラブルイノベーションの受け入れの発展です。


バリューチェーン分析


このレポートは、品目の価値、利益、創造、制限、供給、要求、市場開発率、見積もり、そして最終的には世界の実際の地域の経済状況に焦点を当てています。研究全体が新しいタスクSWOT試験を提示しました, 投機達成可能性調査, そしてベンチャーはレビューを取り戻します.


レポートは、正確な市場知識を提供するために、重要なプレーヤーの更新された経済および財務データを提供し、重要な提案を提供します。この調査では、発生するパターンの広範な調査とともに、基本的な市場のドリフトを対象としています。レポートは、地域および世界レベルでの市場の状況と慣行の項目別評価をカバーしています。


セグメントの概要


アプリケーション別


この近距離無線通信市場は、セグメントに応じてさまざまな部分に分割されています。たとえば、小売(アクセス制御、トランザクション、製品識別)、自動車(ハイエンド、ローエンド、ミッドレンジ)、輸送(発券、アクセス制御)、医療およびヘルスケア(医療機器、アクセス制御)、銀行および金融(電子マネーサービスまたはPOSマシン、Multiforexカード)、ホスピタリティ(アクセス制御、トランザクション)など。


オファリング別


繰り返しになりますが、この市場全体は、非補助製品(NFC ICSおよびアンテナ、NFCタグ、NFCリーダー)、補助製品(NFCマイクロSDカード、NFC SIM/UICCカード、NFCカバー)などの製品によってさまざまな部分に分離されています。ソフトウェア。


デバイスの動作モード別


この近距離無線通信市場規模は、リーダーエミュレーション、ピアツーピア、カードエミュレーションなどのデバイスの動作モードに応じて、さまざまな部分に分割されます。


デバイス別


デバイスによると、この市場は再びスマートフォンとタブレット、PCとラップトップ、その他(インフォテインメントとステレオヘッドフォン)に分割されています。


地域分析


米国の大衆は、臨床データのセキュリティに向けて幅広い対策を講じています。米国では投薬の問題が増大しており、患者の繁栄、社会的保護の使用、および費用にいたずらが長引く可能性があります。NFCテクノロジーは、投薬ミスアップと潜在的な好ましくない投薬機会(ADE)を減らします。急速な改善と情報収集の進歩により、米国の臨床部門は変化しています。米国食品医薬品A

Report Attribute/Metric Details
Market Size 2023 USD 24.23 Billion
Market Size 2024 USD 26.3 Billion
Market Size 2032 USD 60.2 Billion
Compound Annual Growth Rate (CAGR) 12.30% (2024-2032)
Base Year 2023
Market Forecast Period 2024-2032
Historical Data 2018 & 2022
Market Forecast Units Value (USD Billion)
Report Coverage Revenue Forecast, Market Competitive Landscape, Growth Factors, and Trends
Segments Covered Type and End-User
Geographies Covered Europe, North America, Asia Pacific, and Rest of the World
Countries Covered The U.S, Canada, Germany, France, UK, Italy, Spain, China, Japan, India, Australia, South Korea, and Brazil
Key Companies Profiled Texas Instruments (US), STMicroelectronics (Switzerland), Qualcomm (US), and NXP Semiconductors (The Netherlands).
Key Market Opportunities Increasing urbanization in emerging economies
Key Market Dynamics Increasing trend of mobile commerce Growing adoption of wearable technology


Frequently Asked Questions (FAQ) :

In 2023, the value of the near field communication (NFC) market size was estimated at USD 24.23 Billion.

The market is estimated to grow at a CAGR of 12.30% during the forecast period 2024-2030.

The largest market share worldwide was held by North America.

The key players in the market are Texas Instruments (US), STMicroelectronics (Switzerland), Qualcomm (US), and NXP Semiconductors (The Netherlands).

The nom-auxiliary near field communication (NFC) category dominated the market in 2021.

The retail user had the largest share of the market.

NFC or Near-Field Communication is a bunch of short-range remote innovations, regularly requiring a distance of 4cm or less to start an association. NFC permits you to divide small payloads of information among an NFC tag and an Android-controlled gadget or two Android-based devices.

Basically, it's a strategy for remote information move called NFC (Near field correspondence) that distinguishes and afterward empowers innovation in nearness to convey without the requirement for a web association. It's simple, quick, and works amazingly.

It's likewise a profoundly flexible stage in that it covers a scope of administrations and enterprises. As an installment stage, NFC can be utilized for mobile banking, eatery reservations, booking train or film tickets, conveying ongoing updates on consumption and prize focuses, recovering rewards and coupons, and the sky is the limit from there. Clients are better off through promising, bother-free innovations, which like this improves brand notoriety and expands profitability.

Leading companies partner with us for data-driven Insights
client_1 client_2 client_3 client_4 client_5 client_6 client_7 client_8 client_9 client_10
Kindly complete the form below to receive a free sample of this Report
Please fill in Business Email for Quick Response

We do not share your information with anyone. However, we may send you emails based on your report interest from time to time. You may contact us at any time to opt-out.

Purchase Option
Single User $ 4,950
Multiuser License $ 5,950
Enterprise User $ 7,250
Compare Licenses
Tailored for You
  • Dedicated Research on any specifics segment or region.
  • Focused Research on specific players in the market.
  • Custom Report based only on your requirements.
  • Flexibility to add or subtract any chapter in the study.
  • Historic data from 2014 and forecasts outlook till 2040.
  • Flexibility of providing data/insights in formats (PDF, PPT, Excel).
  • Provide cross segmentation in applicable scenario/markets.