Certified Global Research Member
Isomar fd.webp Wcrc 57.webp
Key Questions Answered
  • Global Market Outlook
  • In-depth analysis of global and regional trends
  • Analyze and identify the major players in the market, their market share, key developments, etc.
  • To understand the capability of the major players based on products offered, financials, and strategies.
  • Identify disrupting products, companies, and trends.
  • To identify opportunities in the market.
  • Analyze the key challenges in the market.
  • Analyze the regional penetration of players, products, and services in the market.
  • Comparison of major players financial performance.
  • Evaluate strategies adopted by major players.
  • Recommendations
Why Choose Market Research Future?
  • Vigorous research methodologies for specific market.
  • Knowledge partners across the globe
  • Large network of partner consultants.
  • Ever-increasing/ Escalating data base with quarterly monitoring of various markets
  • Trusted by fortune 500 companies/startups/ universities/organizations
  • Large database of 5000+ markets reports.
  • Effective and prompt pre- and post-sales support.

タイプ(メインギアボックス、ヨーギアボックス、その他)、アプリケーション(洋上風力発電、陸上風力発電)、設置タイプ(新規、交換)、容量(1.5〜3 MW、最大1.5 MW、3 MW以上)、および地域別の風力タービンギアボックス市場調査レポート-2030年までの世界予測


ID: MRFR/E&P/5153-CR | 199 Pages | Author: Anshula Mandaokar| November 2018

風力タービンギアボックス市場は、再生可能エネルギー源からのエネルギーの緊急性により、Market Research Future(MRFR)の最新レポートによると、2019年から2025年(予測期間)までの価値に基づいて、6.46%のCAGRで表示されると予想されます。


風力タービンギアボックス市場の概要


風力タービンのギアボックスは、風力タービンに含まれる主要なコンポーネントです。発電機を使用して、これらのギアボックスはシャフトの回転速度を向上させます。ギアボックスは、負荷や環境条件に応じて抵抗を拡張し、ギアボックスシステムの故障率を減らすために、複数の方法で設計されています。世界中で再生可能エネルギー源へのシフトが高まっているため、風力タービンの採用が増加しており、風力タービンのギアボックスの需要が高まっています。


世界的に急速な工業化と都市化は、すべてのビジネスセクターの需要の増加につながっています。さらに、環境に対する意識の高まりにより、クリーンで再生可能なエネルギー源の使用が促進され、その結果、世界中で風力タービンの数が増えています。したがって、風力タービンのギアボックス市場は世界中で後押しされています。さらに、より良い設計とより効率的なギアボックスへの市場関係者の投資は、最高の生産性と寿命をもたらすでしょう。費用対効果とエネルギー効率のためにエネルギーを取り込むための風力タービンへの投資の増加は、レビュー期間中の市場の成長を加速させています。


風力タービンのギアボックス市場は、世界的に増加するエネルギー消費需要によって推進されています。費用対効果とエネルギー効率のためにエネルギーを取り込むための風力タービンへの投資は、予測期間にわたって市場の成長に拍車をかけると予測されています。さらに、再生可能エネルギープロジェクトに対する政府の支援は、市場にプラスの影響を与える可能性があります。これは、風力発電コストの低さと、陸上風力発電プロジェクトによって保証される魅力的なリターンによって裏付けられています


風力タービンギアボックス市場の競争状況


風力タービンギアボックス市場のメーカーには、(スペイン)、Winergy AG(ドイツ)、中国高速送電機器グループ株式会社が含まれます。株式会社(中国)、ZFフリードリヒスハーフェン(ドイツ)、重慶ギアボックス株式会社(中国)、(ドイツ)、石橋製作所株式会社(日本)、RENK AG(ドイツ)。


最近の動向



  • 有名な企業であるVestasは、2021年2月に新技術のV236-15.0 MWタービンを導入しました。このイノベーションは、パフォーマンスのベンチマークを設定し、オフショア技術のコストを削減することによって、Vestasのオフショアリーダーシップジャーニーのための強力な基盤を確立することによって多くの恩恵を受けています。

  • 2020年7月、人口の多い企業であるSiemens Gamesaは、SG 3.4-145という名前の次世代風力タービンをインドで発売しました。この先進的な風力タービンは、各国の風力条件に合わせて特別に設計および最適化されており、高い信頼性で可能な限り低いLCOEを提供します。一方、2021年5月、VestasとIberdrolaの2つの主要組織は、バルトイーグルプロジェクト用に50ユニットのV174-9.5 MW洋上風力タービンを供給することで合意しました。彼らはまた、新しいタービンのメンテナンスとサービスの契約を結びました。


レポートは、これらの市場プレーヤーのプロファイルに関する包括的な分析を提供し、市場における彼らの現在の地位を評価します。年間売上高、利益率、セグメントシェア、SWOT分析、成長戦略、拡大手法、最新の研究開発イニシアチブと相まって、会社の歴史が詳細に説明されています。


風力タービンギアボックス市場セグメントの概要


タイプ別に、風力タービンギアボックス市場はメインギアボックス、ヨーギアボックスなどに分割されます。用途によって、洋上風力発電と陸上風力発電に分割されます。インストールタイプによって、新品と交換品に分けられます。容量に基づいて、市場は1.5 MW-3 MW、最大1.5 MW、および3 MW以上に分割されます。市場レポートの対象となるセグメントは、北米、南米、中東およびアフリカ(MEA)、アジア太平洋(APAC)、およびヨーロッパの5つの地域に関して分析されます。レポートでは、これらの地域に居住するさまざまなプレーヤーと、市場の地位を上げるためのそれぞれの戦略について詳細に説明しています。


風力タービンギアボックス市場調査方法論


風力タービンのギアボックス a回転速度を増加させる風力タービン内の必須コンポーネントです。メーカーは、負荷や環境条件に応じてギアボックスの耐性を高めるために、ギアボックスの設計を急速に変更しています。


MRFRでは、リサーチアナリストが市場を徹底的に客観的に分析すると同時に、市場を真に包括的に把握できる厳格な基準を遵守して市場レポートを作成します。最高経営責任者や最高経営責任者へのインタビューなど、一次調査戦略を使用することで、関連性の高いデータが得られました。二次調査では、将来を見据えた方法で提示された過去と現在の傾向を徹底的に分析する必要があります。


さらに、市場規模の見積もりとトレンドの検証は、価値とサプライチェーンからデータを取得するために、トップダウンとボトムアップの両方のアプローチで行われます。バイヤーとサプライヤーのバランスが取れていると、需要と供給のギャップは無視できる程度になります。信頼できるリソースは、市場要因のニュアンスを一貫して理解するために、アナリストによってアクセスおよび検証されます。強力な分析ツールを使用して、非常に関連性の高いパラメーターの正確な分析を確認し、クライアントに決定的で信頼できる将来像を提供します。


風力タービンギアボックス市場分析期間



  • 基準年-2017

  • 予測期間-2018年から2025年まで

  • 市場金種-百万米ドル

  • 市場ボリューム-単位

  • コンバージョン率-それぞれの会計年度に従って考慮されます


風力タービンギアボックス市場レポートの概要


レポートは、予測された数値を裏付ける統計グラフを備えた市場の包括的な概要を提供します。当社のアナリストは、市場の範囲とその将来の見通しについて洞察に満ちた予測を行います。MRFRのレポートには、タイプ、アプリケーション、設置タイプ、容量、および地域に基づいてセグメント化された世界の風力タービンギアボックス市場の徹底的な分析が含まれています。近年、企業が実施した数多くの成長戦略と、市場を牽引する最新のトレンドがレポートに概説されています。すべての著名なプレーヤーの市場シェアと彼らの現在のポジションは、詳細に議論されています。プレーヤーの新しい収益源を分析し、プレーヤーが実装するさまざまな戦略に重点を置いています。


タイプ



  • メインギアボックス

  • ヨーギアボックス

  • その他


アプリケーション



  • 洋上風力発電

  • 陸上風力発電


インストールタイプ



  • 新規

  • 交換用


容量



  • 5メガワット-3メガワット

  • 最大1.5 MW

  • 3メガワットを超える


地域




  • 北米

    • 米国。

    • カナダ

    • メキシコ




  • ヨーロッパ

    • ドイツ

    • 英国。

    • フランス

    • トルコ

    • イタリア

    • スペイン

    • その他のヨーロッパ




  • アジアパシフィック

    • 日本

    • 中国

    • インド

    • オーストラリア

    • 韓国

    • その他のアジア太平洋




  • 南アメリカ

    • ブラジル

    • ウルグアイ

    • チリ

    • 南米のその他の地域




  • 中東とアフリカ

    • 南アフリカ

    • 中東およびアフリカのその他の地域




対象読者



  • 風力タービンのギアボックスメーカー

  • 潜在的な投資家

  • 原材料サプライヤー

  • 風力タービンギアボックスのトレーダーとディストリビューター

  • 研究開発機関

  • 政府機関

Report Attribute/Metric Details
  Market Size   2030: USD 38531.02 Million
  CAGR   6.5% CAGR (2022-2030)
  Base Year   2021
  Forecast Period   2022-2030
  Historical Data   2019 & 2020
  Forecast Units   Value (USD Million)
  Report Coverage   Revenue Forecast, Competitive Landscape, Growth Factors, and Trends
  Segments Covered   Type, Application, Installation Type and Capacity
  Geographies Covered   North America, Europe, Asia-Pacific, and Rest of the World (RoW)
  Key Vendors   Siemens Gamesa Renewable Energy S.A. (Spain), Winergy AG (Germany), China High Speed Transmission Equipment Group Co. Ltd. (China), ZF Friedrichshafen (Germany), Chongqing Gearbox Co., Ltd. (China), Eickhoff Antriebstechnik GmbH (Germany), ISHIBASHI Manufacturing Co. Ltd. (Japan), and RENK AG (Germany)
  Key Market Opportunities Increase in rotor diameter in gearbox Government support for wind energy projects
  Key Market Drivers Significant reduction in the wind power generation costs Increase in wind energy consumption


Frequently Asked Questions (FAQ) :

The market can potentially grow at a rate of 6.5% in the coming years.

The global market for wind turbine gearbox can reach a valuation of USD 38531.02 million by 2030, estimates MRFR.

Eickhoff Antriebstechnik GmbH (Germany), Chongqing Gearbox Co., Ltd. (China), China High Speed Transmission Equipment Group Co. Ltd. (China), ISHIBASHI Manufacturing Co. Ltd. (Japan), Winergy AG (Germany), Siemens Gamesa Renewable Energy S.A. (Spain), ZF Friedrichshafen (Germany), RENK AG (Germany), are the renowned companies in the market.

Substantial investments in wind turbines combined with the increasing number of installations to expand their overall capacities are some of the prime strategies being employed by the leading companies to enhance their standings in the global market.

South America is estimated to expand at a robust pace of 6.53% and can be valued at USD 425.7 million by 2025. Some of the chief factors supporting the market growth in the region include the energy crisis being encountered by the major countries and the rising need to solve this issue.

The wind turbine gearbox market in Europe can expand at a decent rate of 6.45% in the forthcoming years.

Yaw gearbox, main gearbox, and others are the primary types of wind turbine gearbox discussed in the report.

Leading companies partner with us for data-driven Insights
client_1 client_2 client_3 client_4 client_5 client_6 client_7 client_8 client_9 client_10
Kindly complete the form below to receive a free sample of this Report
Please fill in Business Email for Quick Response

We do not share your information with anyone. However, we may send you emails based on your report interest from time to time. You may contact us at any time to opt-out.

Purchase Option
Single User $ 4,950
Multiuser License $ 5,950
Enterprise User $ 7,250
Compare Licenses
Tailored for You
  • Dedicated Research on any specifics segment or region.
  • Focused Research on specific players in the market.
  • Custom Report based only on your requirements.
  • Flexibility to add or subtract any chapter in the study.
  • Historic data from 2014 and forecasts outlook till 2040.
  • Flexibility of providing data/insights in formats (PDF, PPT, Excel).
  • Provide cross segmentation in applicable scenario/markets.